FC2ブログ

2006-09

ニュース

最近見たニュースの中で、気になることがありました。

それは、現在当たり前になっているインターネット接続定額サービスがなくなってしまうかもしれないというニュースです。

ファイル交換ソフトや音楽・画像のネット配信などのためにインターネットの通信量が爆発的に増加しています。
通信量が膨大になったため通信料が増大し、インターネット接続事業者がそのコストを支えられなくなっています。
そのコストを適正に負担するための結論として、利用量の多いユーザーには値上げや追加料金を課すことになるかもしれないということです。

総務省は今年10月中に「適正なコスト負担のあり方に関する検討会」を設置し、来年7月までにはコスト負担のあり方について結論を出す予定とのことです。

インターネット接続は今でこそ定額が当たり前になっていますが、よく考えてみると、私がインターネットを利用し始めた頃、インターネットは従量制で、しかもアナログ回線でした。
夜間のみ使い放題の制度を利用して、料金を節約した覚えがあります。
それからISDN、ADSL、光通信とインターネットに接続する方法はどんどん進化し、その過程でインターネット接続は定額制が当たり前になりました。

私は、定額制が達成されて、それがずっと続くものと信じて疑っていませんでした。

しかし今状況が変化し、それに対応するためインターネット接続の定額制が見直されるかもしれないというニュースを見ると、今の世の中は本当に変化が早く激しいのだということを改めて思い知らされます。


KT
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

出口秀樹税理士事務所

Author:出口秀樹税理士事務所
平成8年5月開業
男性16名女性8名在籍
http://dolphin-tax.com/

トレンドマイクロダイレクトストア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブログ (427)
ニュース (32)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR